top of page

actors' playground short ver.2

actors' playground short ver.2

「言葉」はとても大きな力を持っています。


例えば「ゴキブリ」という言葉(名詞)が提示されれば、我々はそれぞれにとってのゴキブリを「想像」し、想像することによって何かしらの「感覚」が我々の中に生まれます。


さらに『「黒光りする」ゴキブリ』と言葉(形容詞)が追加されれば、想像上の世界においてより明確な姿を現し、別の感覚が生まれます。


さらに『黒光りするゴキブリが「飛んだ」』と言葉(動詞)が追加されれば、想像上の世界において動きが加わり「事件」が起こります。


演劇において俳優がなすべき仕事の一つに、(戯曲に書かれた)言葉を提示することによって、想像上の世界に「モノ」を生み出し、「モノ」を動かすことによって「事件」を起こし、その事件を連ねることによって「物語」を生み出すことにあると考えます。


稽古場や劇場の「現実の空間」に「言葉」を提示することによって、想像上の世界に「物語」を立ち上げていく。現実を生きている我々が、言葉によって立ち上げられる虚構の物語の世界を想像し、味わう。「時と場所を共にする観客と俳優が、共にその物語を旅する」ということが、演劇の醍醐味の一つであると考えます。


圧倒的な力を持った「言葉」という道具をどのように扱うのか。圧倒的な存在である「現実」や「自分自身」をどう受け入れながら、いまここにはない「虚構の世界」を立ち上げていくのか。それがここ数年僕の頭を占めている大きなテーマです。


今回は「ひとり語り」を題材にして、このテーマをみんなで追求してみたいと思っています。さまざまなゲームやエクササイズを積み重ねつつ、それぞれに短いモノローグを課題としてお渡しし、それを深めていくという流れで考えています。モノローグだけでなく、会話における長セリフはもちろん、短いセリフにも活用できる内容にする予定です。


ご応募、お待ちしています。



井上裕朗



これまでの参加者からのフィードバック


 

actors' playground short ver.2

■日程:  2024/2/3(土)~2/4(日)(計2日間)

■時間:  12:00〜20:00(延長の可能性あり)

■場所:  都内某所

■参加費: 12000円

​​

■応募資格:

俳優 基本的に全時間帯参加できる方

■応募方法:

以下のフォームにご入力ください。

もしうまく入力できない場合には、actorsplaygroundfrom2015@gmail.com までメールにてご連絡ください。

■応募締切:

2024/1/21(予定)

応募が多かった場合には早めに締め切らせて頂きます。 募集人数を超えた場合、選考させて頂く可能性もあります。 ご了承ください。


■見学

参加ではなく見学を希望される方はその旨ご連絡ください。

​​

■ハラスメント防止対策

参加者の身体的・精神的安全を確保しつつ進めていきます。

具体的な方針については、ご応募の際にお伝えいたします。


​​■コロナウイルス感染防止対策

消毒、換気、マスク着用など、感染防止対策を取りつつ進めていきます。

具体的な方針については、ご応募の際にお伝えいたします。



以上、よろしくお願い致します。

Comentarios


Water_edited_edited.jpg
bottom of page