top of page
桜仮H★のコピー.jpg
団体ロゴ.png
タイトルロゴ.png

あの日 私の世界は変わった

春は忘れない 私の悲しみを

TOP
桜仮H★モノクロ_edited_edited.jpg
NEWS

NEWS

2023/4/1 version

新着情報

2023/5/19

配信チケット、販売開始しました。

カンフェティストリーミングシアター

https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=72566&

2023/4/1

特設ウェブサイト、オープンしました。

掲載情報

桜仮H★モノクロ_edited_edited.jpg

STORY

side-A桜川家の四兄弟」

2022年3月、母はこの世を去った。古い家と、桜の木と、たくさんのメモを遺して。

個人塾を経営する長男「恵一」、高校教師の次男「勇気」、居酒屋で働く三男「制多」、ミュージシャンになりたい四男「正義」。

お母さん、僕はあなたに愛されていましたか。

side-B「春を送る」

2011年3月、弟はこの世を去った。通っていた大学の渡り廊下から落ちて死んだ。

その大学で准教授だった父と、証券会社で働く僕はどうもそりが合わない。正直、弟のことも苦手だった。

だけどあいつのことばかり考えてしまう。こんな春の日には。

STORY

CREATOR

Playwright

須貝 英

Ei Sugai

1984年11月20日生まれ。山形県出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒。

2007年~13年まで「箱庭円舞曲」に俳優として所属。2010年、演劇ユニット「monophonic orchestra」を旗揚げ。俳優・脚本家・演出家・ワークショップ講師として活動する一方、演劇サークル「Mo’xtra」を主宰。

これまでの主な劇作・演出作品に、穂の国とよはし芸術劇場PLAT主催・高校生と創る演劇『滅びの子らに星の祈りを』、海外ミステリーを原案としたMo’xtra Produce『グリーン・マーダー・ケース×ビショップ・マーダー・ケース』などがある。そのほか『オリエント急行殺人事件』の構成協力、『照くん、カミってる!~宇曾月家の一族殺人事件~』の脚本を務める(共に演出・河原雅彦)。北区王子小劇場主催佐藤佐吉賞にて2009年度最優秀主演男優賞を受賞。また、脚本を担当した映画『カラオケの夜』(山田佳奈監督) が門真国際映画祭2019にて映画部門最優秀作品賞を受賞。最近は新国立劇場で2022年11月上演の『私の一ヶ月』を執筆し、2024年4~7月上演予定の『デカローグⅠ~Ⅹ』(演出・小川絵梨子/上村聡史) では上演台本を務める。

Director

井上 裕朗

Hiroo Inoue

1971年10月24日生まれ。東京都出身。

東京大学経済学部経営学科卒業後、外資系証券会社に勤務。退社後、2002年より北区つかこうへい劇団養成所にて俳優活動を開始。以降、TPT・地人会・流山児★事務所・T Factory・演劇集団砂地・乞局・箱庭円舞曲・DULL-COLORED POP・Theatre des Annales・イキウメ・風琴工房・serial number・TRASHMASTERS・unratoなど、小劇場を中心にさまざまな団体の作品に出演。

2015年、自身が主宰するユニット『PLAY/GROUND Creation』を立ち上げ、俳優主体の創作活動をスタート。2016年1月には、シアター風姿花伝にてワークショップ公演 the PLAY/GROUND vol.0『背信 | ブルールーム』を企画・上演。『背信』を演出、『ブルールーム』に俳優として出演する。2019年2月には、劇団DULL-COLORED POPにて『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』を演出。

PLAY/GROUND Creationの公演においては、#1『BETRAYAL 背信』(2021/9 赤坂RED/THEATER),  #2『Navy Pier  埠頭にて』(2021/12 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール) にて翻訳・演出を担当。#3『The Pride』(2022/7 赤坂RED/THEATER) にて出演および演出を担当。#4『CLOSER』(2022/12 シアター風姿花伝) にて演出を担当。